敏感肌とは

敏感肌とは、外部からの刺激に敏感に反応してしまい、少しのきっかけでかゆみ・かぶれ・赤みなどの肌トラブルを起こしてしまう人の肌のことです。

 

敏感肌の人の皮膚は、角質の水分保持能力が低下してしまっており、セラミドという角質層内の全脂質の40〜60%くらいを占める重要成分が、細胞内にある細胞間脂質といわれる物質の一部が不足してしまっている状態に起こりやすくなりがちです。

 

セラミドの不足した状態の肌は、バリア機能がうまく働かず、ウイルスやアレルゲンに対抗することができにくくなっているので、些細な刺激物でも角質層の内部に侵入すると炎症を引き起こしやすい状態になり、ちょっとした刺激にも敏感に反応するようになってしまいます。

 

また、アレルギーなどの遺伝的な体質が素因の一つとなっていることもあります。

 

皮膚自体の表面ある皮脂膜の働きが十分できていないため、外部からの刺激に事態に大変弱く、人間の肌がもともと備えている外部からの刺激を防御する能力を十分に機能させることができていないからだと考えられています。

 

普通の生活の中では反応しないような物質・刺激・変化によって通常の状態の肌よりも、不快なかゆみ・かぶれ・赤みなどの炎症症状も現れやすくなり、過敏な反応をしてしまう性質をもっています。

 

例えば、気温の変化、乾燥した空気、ダニ・ハウスダスト・雑菌、洗顔時の顔のこすり過ぎ、肌や髪に残ってしまった化粧品・洗顔料・洗髪剤・整髪料などの普段の生活の中で避けることの出来ない些細な刺激によって、肌が乾燥してしまいます。

 

乾燥することでカサカサしたり、赤くなりやすかったり、ブツブツと発疹ができやすく、洗顔料や化粧品を使うとヒリヒリしたり…といった、炎症やかぶれ・かゆみなどさまざまなトラブルを引き起こしてします。

 

最近では、精神的なストレスや普段の食生活、住環境の変化などによっても、肌が敏感な反応を起こしやすくなっていることがわかっており、原因は今まであげた外部からの刺激やアレルゲンなどに起因した例だけではないといえます。

 

ただ単に敏感な肌質であることだけで敏感肌になっているとは限らないようで、いろいろなことが起因して敏感肌になりやすくなっているようです。

敏感肌用化粧品ランキング

ライスフォース

 

 

ディッセンシア