敏感肌の種類

敏感肌と一言で言ってもすべてが同じはありません。分別するとすれば、大きく三種類に分けることができます。

 

生まれつきの要素が大きい場合は先天性の要素が大きいでしょうし、アレルギーでもないのに、気が付けばいつの間にか敏感肌の症状が現れているという場合は、後天性の要素が大きいと言えます。かゆみ・チリチリするなどの不快な症状が現れた場合は、乾燥が原因で敏感肌になっている場合もあるでしょう。

 

先天性の原因が疑われる場合、生来の要因がある場合です。もともと、あっても差し支えない物質を取り除こうと過剰な反応をしてしまい、その対象物質がなくならない限り取り除こうとする反応は治まりません。

 

食物が原因でアレルギー反応が出たことがある、ぜんそくの経験がある、花粉症・アレルギー性鼻炎である、紫外線アレルギーである、家族の中にアレルギー体質の人がいる、以上の中で何かに該当すれば先天性な可能性が高いので、対象となるアレルギー物質を特定することで改善されるでしょう。

 

後天性の原因が疑われる場合、生来の遺伝などの要素では問題が無かったでしょう。では、どうして敏感肌に傾向してきたのでしょう。

 

自分自身では気が付かず肌に合わない刺激の強い化粧水やクリームを長期使用している場合、自分の肌に必要以上の洗浄力を持つ洗顔料などを使っている、洗顔時についこすりながら洗ってしまう、拭く時に必要以上にこすってしまうなどが大きな要因となっている場合が多い為、必要な角質層までが取れてしまい肌自体が弱ってしまい敏感肌になっていると思われます。

 

体調の変化が原因となる場合もあり、不規則な生活・急激な環境の変化・過剰なストレスなども起因していることも少なくありません。

 

乾燥が原因と疑われる場合、角質層のバリア機能が著しく低下し外部からの刺激に弱くなっています。肌本来の機能が著しい低下をしているため、外部からの些細な刺激にもバリア機能が十分に働くことが出来ない状態なので、細胞間脂質のセラミド・NMFを回復させることが大切です。

乾燥j肌の種類関連ページ

敏感肌とは?
敏感肌とはどのような肌の状態なのか説明します。
肌のメカニズム
肌のメカニズムについて説明します。
乾燥肌の原因や症状
乾燥肌の原因や症状について簡単に説明します。
新陳代謝の周期を知る
新陳代謝の周期やメカニズムを知ることにより健康な肌をつくりましょう。