乾燥肌の原因や症状

敏感肌になった原因が、先天性・後天性・乾燥によりそれぞれ原因や症状が異なってきます。

 

先天性な要因が大きい場合は、アレルギー体質と思われるのでスキンケア製品に使用した物などでかゆみ・かぶれなどが起こりますが、症状もすぐに出るわけではなく使用して24〜48時間以内に違和感を感じはじめると言われています。

 

後天性な要因が大きい場合は、肌に合わないスキンケア製品を使用するとすぐに違和感を感じます。できるだけ早く洗い流し、保湿をすることが大切でしょう。。初めて使う製品は、パッチテストをしたり、少量の使用で肌の様子をみながら使ってみることをおすすめします。

 

何かのアレルゲン物質に反応してしまうアレルギーであるなら完治が難しい場合がかなり多く、普段から肌の状態をよく観察し、上手にコントロールすることになります。

 

敏感肌に起こりやすい肌のトラブルは、接触性皮膚炎・刺激性皮膚炎・蕁麻疹(じんましん)・湿疹の4種類が多いようです。接触性皮膚炎は、肌に直接触れる物に刺激を受け、かゆみ・かぶれなどの不快な症状が出てしまいます。

 

刺激性皮膚炎は、肌の層が薄い所や弱い所に刺激を受けてしまい、かゆみ・かぶれなどが出てしまいます。体調が整っていない時にも起こりやすいでしょう。

 

蕁麻疹(じんましん)は、体に合わない物を摂取したり、肌に合わない物に触れたりすることでアレルゲン物質を摂取したり接触してしまってアレルギー反応がでてしまい蕁麻疹を引き起こすことが多いようです。得に体調不良なときは、反応が起こりやすいので要注意なときです。

 

湿疹は、かなりかゆくなり腫れてきます。体調不良時、季節の変化が激しい時期などに良く見られます。かゆいのでかいてしまうとなかなか完治しなくなってしまうので早めの治療が必要です。

乾燥肌の原因や症状関連ページ

敏感肌とは?
敏感肌とはどのような肌の状態なのか説明します。
肌のメカニズム
肌のメカニズムについて説明します。
乾燥j肌の種類
乾燥j肌の種類について説明します。
新陳代謝の周期を知る
新陳代謝の周期やメカニズムを知ることにより健康な肌をつくりましょう。