新陳代謝の周期を知る

新陳代謝の周期やメカニズムを知ることにより健康な肌をつくりましょう。

 

肌の細胞自体は毎日生まれており、一つの細胞の寿命が28日といわれています。1つの細胞の寿命が新陳代謝の1サイクルとなります。年齢を重ねると共に新陳代謝の周期自体が遅くなってくることもわかってきました。

 

そして、24時間サイクルに当てはめると、深夜0時から夜が明ける頃まで新陳代謝が活発になります。表皮の中の最下層が基底層でそこで新しい肌細胞が生まれ、有棘層(ゆうきょくそう)・顆粒層・角質層と順番に一番外側まで上がってきます。

 

基低層は、真皮の直ぐ上にあり表皮の最下層になり、基底細胞などから成る1層でできています。体内からの栄養を得て2個の細胞になり、ケラチノサイト(表皮細胞)をつくります。2個に増えた内の1個は、新しい細胞をつくるために基底層にそのまま残ります。有棘層に上がってきた、もう片方の細胞が有棘細胞に変わっていきます。

 

ケラチンは、蛋白質で角質細胞の素になります。次は、1層上になる顆粒層へ上がっていきます。ケラチノサイト自体は、形・成分・働きなどを変化させながら、最上層の角層まで上がってきます。角質層に到達後は、垢になり剥がれ落ちます。これらが、新陳代謝のメカニズムになり、基底層が新陳代謝の原点になっているのです。

 

基底層内で2個の細胞になり新たな表皮細胞ができるので、基底層の機能が十分に働かない状態になると、正常な表皮ができなくなります。無理なダイエットや不規則な生活などは基底層の新たな細胞作りを妨げてしまいます。

 

新陳代謝もリズムが崩れてしまい影響を及ぼされてしまいます。敏感肌からの脱却は美しい肌作りのためのスキンケアだけでなく、バランスがとれた栄養をしっかり補給し基底層を強くすることも大切といえるでしょう。

新陳代謝の周期を知る関連ページ

敏感肌とは?
敏感肌とはどのような肌の状態なのか説明します。
肌のメカニズム
肌のメカニズムについて説明します。
乾燥j肌の種類
乾燥j肌の種類について説明します。
乾燥肌の原因や症状
乾燥肌の原因や症状について簡単に説明します。