アレルギーとの関連

敏感肌は、肌に直接触れるあらゆる刺激自体に過敏な反応をする肌のことです。かぶれやかゆみも起きやすい肌でしょう。肌には直接触れていませんが光の中の紫外線に対して反応を起こしてしまう場合もあります。敏感肌になってしまう一番の原因はアレルギーではないでしょうか。

 

普通の肌とアレルギー体質の肌を区別する方法の一つはかゆみです。

 

肌にあっていないスキンケアを行った場合でも、アレルギーを伴わなければさして強くかゆさを感じずにチリチリとした不快な感覚を感じるでしょう。

 

アレルギーをともなう敏感肌なら、アレルゲンになる要素が含まれているスキンケア商品をつかった場合には、激しいかゆみを感じ、赤く腫れたりひどい時には水泡なども出てしまいます。

 

アレルゲンになる要素に触れても直ぐには反応しない事もあります。そのような場合は、24〜48時間以内に反応を起こす事がほとんどです。

 

スキンケア商品を使用しても瞬時には反応が出ずに24〜48時間後にいつもと違う不快なかゆみや腫れが出てくるようでしたら、アレルギー性皮膚炎の可能性が強いので考慮してみてください。

 

実際、アレルギー性皮膚炎の肌の方は、新しいスキンケア商品を使用した初日に、いい使用感を感じても日が経つに連れてだんだんかゆみ・かぶれなどの症状を感じ始めてくることがあるようです。

 

体調不良を疑う場合もありますが、肌に塗ってからのかゆみやかぶれなどの症状が出るまでに時間差があるのでアレルギーが原因なのか体調不良が原因なのか前後の生活状況も振り返って考えてみてください。

アレルギーとの関連関連ページ

肌に合わないスキンケア
乾燥肌とスキンケアの関連について説明します。
正しくない洗顔方法
敏感肌の原因となる正しくない洗顔方法について説明します。
睡眠不足
敏感肌と睡眠不足との関連を説明します。
過度なストレス
敏感肌と過度のストレスの関係について説明します。
不十分な紫外線対策
外部からの刺激はストレスだけではなく、紫外線も刺激の一つになっています。
偏食
敏感肌を普通の肌にもどすには、食生活の改善も行っていかなくてなりません。