睡眠不足

洗顔の仕方やスキンケアの方法にも気をつけているにもかかわらず、肌の調子が悪いままで肌荒れが良くならないと感じる時は、睡眠不足ということはないでしょうか。睡眠時間が短くなると肌にはどのような影響があるのでしょう。

 

睡眠は、肌にとって大変大切な時間です。睡眠時間中にだけ肌が生まれ変わるからです。睡眠時間不足になると肌の新陳代謝が上手に機能できなくなり、肌のバリア機能の低下につながってしまうので、寝不足を避け十分な睡眠時間を取ることが大切になってきます。

 

それは、自律神経とホルモンが大きく関係しています。自律神経は、交感神経と副交感神経からなっており、昼の間は活動している時に交換神経が脳に血流を集中させ体の動きと感覚のコントロールをするので、肌まで十分に血流がまわりません。

 

しかし、夜になると副交感神経が活発になり、昼の間は不足がちだった血流が内臓や皮膚にまわるようになります。肌の生まれ変わりに必要な栄養を夜の間に得て再生を行っているのです。

 

先程、説明したように肌は、夜に作られます。午後10時〜午前2時の間に作られているといわれていて、成長ホルモンの分泌が活発になりお肌のゴールデンタイムと言われるほど肌の生まれ変わりが著しく活発になります。

 

この時間帯に眠ることによりきれいな肌を作ることができると言えるでしょう。眠り始めてからの3時間に集中して成長ホルモンが分泌されるので、午後10時〜午前2時の間に成長ホルモンを出すことができるよう、眠り始めの3時間をこの時間帯に持って行くことでお肌のゴールデンタイムを活用できればさらに美肌に近づくでしょう。

睡眠不足関連ページ

アレルギーとの関連
乾燥肌とアレルギーとの関連を説明します。
肌に合わないスキンケア
乾燥肌とスキンケアの関連について説明します。
正しくない洗顔方法
敏感肌の原因となる正しくない洗顔方法について説明します。
過度なストレス
敏感肌と過度のストレスの関係について説明します。
不十分な紫外線対策
外部からの刺激はストレスだけではなく、紫外線も刺激の一つになっています。
偏食
敏感肌を普通の肌にもどすには、食生活の改善も行っていかなくてなりません。