洗顔方法での対策

敏感肌の方の洗顔方法は、念入りに洗う方法はお勧めできません。クレンジングも肌に大きな負担となる刺激の多い成分が入っている場合がほとんどなので、できるだけ肌に塗ってメイクを落とす時間を可能な限り短くすることが望ましいでしょう。

 

オイル系のクレンジングは、強い界面活性剤が入っていますから肌に大変負担になります。

 

肌に一番負担が少ないのは、ミルクタイプのクレンジングになりますが、水分が多いので洗浄力が少し弱く感じるでしょう。薄めのメイクであればミルクタイプのクレンジングで問題ないでしょう。

 

しっかりメイクする場合は、洗い流すタイプのクリーム系のクレンジングかクリーム系の拭き取りタイプの使用をお勧めします。

 

どうしてもクレンジング自体が肌に負担になる刺激を与えることは確かなので、肌に直接触れている時間をできるだけ短くし、肌になじませメイクが浮かんできたら擦らずに洗い流すか、拭き取ってください。

 

クレンジングが終わったら洗顔しますが、肌に一番優しいのは固形石鹸で、しっかり泡立ててから肌を包み込むようにやさしく洗い流しましょう。
敏感肌は、外部からの些細な刺激でも敏感に感じ取ってしまうので、デリケートな肌でちょっとした刺激にも弱いことをしっかり認識し普段から注意をすることが大切になります。

 

肌に塗る物での刺激だけでなく、擦らないようにすることも大切です。

 

クレンジングも洗顔も摩擦ゼロで洗うとうことはできませんから、いかに摩擦を最小限に抑えて擦ることから肌を守るかも考えて欲しいところです。

洗顔方法での対策関連ページ

原因を突き止める
敏感肌の対策の為にはまずは原因を突き止めましょう。
スキンケアでの対策
スキンケアでの敏感肌の対策を説明します。
ヘアケアの選び方での対策
敏感肌の方は、スキンケア商品に大変気を配られていると思いますが、意外にもヘアケア商品が原因で敏感肌のかゆみなどの症状が出ていることもあります。
睡眠の改善
敏感肌の対策としての睡眠の改善について説明します。