スキンケアでの対策

敏感肌の角質層は、バリア機能の働きが不十分になっています。バリア機能を向上させ元の状態に戻すことが大切です。そのためには、保湿と保護が効果的でしょう。

 

洗顔した直後の肌は、表面に必要な皮脂のバリアが少なくなっているので、化粧水などに含まれている肌に必要な成分が浸透しやすい状態になっています。しっかりと有効成分を含んだ化粧水などで保湿をしましょう。

 

肌内部で水分を蓄え量を増やす役割を担っているのが、細胞間資質のセラミドになります。

 

化粧水・美容液は、セラミドが入っている物を選ぶことをお勧めします。セラミドの類似物質のヒアルロン酸でも同等の効果が期待できしっかりと保湿することが可能でしょう。

 

肌に塗っていく順番は、化粧水・美容液・クリームの順番で塗ります。

 

最初に、化粧水でセラミドあるいはヒアルロン酸を十分補い、美容成分のしっかり入った美容液で保湿し、最後には、クリームで表面を覆い保湿効果を高め水分が逃げにくくします。

 

本来、肌自体に皮脂と呼ばれる天然のクリークがありますが、40代に入ると皮膚自体で作られていた天然のクリーム効果が段々と減少傾向となってきます。敏感肌の方は、元から皮脂が少なめなのではないかと思われます。肌の内部にある水分の蒸発を防ぐためにも、皮脂の足りない分をクリームで補いましょう。

 

敏感肌は、ちょっとした刺激にも反応してしまうので、新しいスキンケア商品を使うと肌に不調が出てきやすかったり、逆に元の状態まで戻すのにも大変時間がかかります。

 

合うスキンケア商品があれば使い続ける方が肌荒れを防ぐ方法になるでしょう。どうしても新しい物を試してみたいときは、すべてを一度に変えてしまわずに、一品ずつ試してみることをお勧めします。

スキンケアでの対策関連ページ

原因を突き止める
敏感肌の対策の為にはまずは原因を突き止めましょう。
洗顔方法での対策
敏感肌の方の洗顔方法は、念入りに洗う方法はお勧めできません。
ヘアケアの選び方での対策
敏感肌の方は、スキンケア商品に大変気を配られていると思いますが、意外にもヘアケア商品が原因で敏感肌のかゆみなどの症状が出ていることもあります。
睡眠の改善
敏感肌の対策としての睡眠の改善について説明します。