睡眠の改善

洗顔・スキンケアなどと同時に敏感肌にとても大事なことがあります。睡眠です。睡眠と言ってもただ寝るのではなく睡眠の質・量がどちらも大切になってきます。

 

仕事の都合や家族の都合でなかなか思うように睡眠時間がとれないことや終身時間が遅くなることもあるかと思います。睡眠時間をしっかり取ることは大切なことです。理由は、肌細胞は就寝中にしか作られません。

 

さらに肌の大敵であるストレスを和らげる効果も絶大です。
肌の新陳代謝が不十分であると肌細胞が未熟な状態となり、肌自体が供えているバリア機能が低下してしまい外部からの刺激に対抗することが難しくなってしまいます。

 

可能であれば、就寝時間を午後10時前にすることが理想です。午後10時から2時までの間に成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯で肌の修復をするには大変大切な時間帯なのです。

 

近年、脳科学の研究の中で、就寝前に脳が興奮状態のままで就寝すると質の良い睡眠をとる事ができないことがわかってきました。

 

終身直前までパソコン・テレビ・スマホなどの明るい画面を見ていると脳が覚醒したままで交換神経が機能したままになってしまいます。このままでは、眠るけれど質の良い睡眠をとる事ができません。

 

可能であれば、就寝一時間前くらいから少なくとも30分前くらいから、照明を少し落としリラックスさせ副交感神経を機能しやすい状態にして脳を興奮状態から開放しましょう。リラックスした状態で睡眠へと誘導することで良質な睡眠を取ることができるでしょう。

睡眠の改善関連ページ

原因を突き止める
敏感肌の対策の為にはまずは原因を突き止めましょう。
洗顔方法での対策
敏感肌の方の洗顔方法は、念入りに洗う方法はお勧めできません。
スキンケアでの対策
スキンケアでの敏感肌の対策を説明します。
ヘアケアの選び方での対策
敏感肌の方は、スキンケア商品に大変気を配られていると思いますが、意外にもヘアケア商品が原因で敏感肌のかゆみなどの症状が出ていることもあります。