クレンジング

肌や髪の毛は、皮膚から出てきた天然の脂の皮脂というもので覆われています。それが皮脂膜で、毛穴の奥にある皮脂腺から分泌されています。皮脂膜が天然のクリームと言われているのは、皮脂膜が肌を覆うことにより、皮膚の保湿と保護の両方の役目を担っているからです。

 

洗顔をしすぎてしまったり、刺激が強いクレンジングを使用してしまうと、思っている以上に簡単に皮脂が無くなってしまい、肌を乾燥から守れずに些細な刺激によって反応してしまう敏感肌になってしまうでしょう。

 

敏感肌の方は、生来皮脂の分泌が普通より少なく乾燥しやすい方が多いため、些細な刺激でも反応してしまっている可能性があります。
肌が敏感に反応する状態で力任せのクレンジング・コットンで拭き取りをしてしまうと不必要に擦ってしまう結果になってしまうので、できるだけ肌の状態に合わせた負担の少ないスキンケアが求められます。

 

もともと、クレンジング自体に界面活性剤が入っているので、肌への負担だけが大きくクローズアップされてしまいますが、メイク自体が油性なので水分となじませてメイクを落とすために必ず必要となります。

 

界面活性剤が大量に入っているクレンジングを使うと、メイクや汚れと一緒に皮膚に必要な皮脂まで根こそぎ取られてしまうので注意が必要です。

 

シートタイプも使い勝手が良く手軽で人気がありますが、拭き取るという行為が肌に刺激になってしまい、ついゴシゴシしてしまいます。上手く拭き取れていない場合も、肌に残留してしまったメイクが酸化の原因となってしまうのでシートタイプでメイクを落とした場合は必ず洗顔しましょう。

クレンジング関連ページ

洗顔
敏感肌の為の洗顔について説明します。
保湿
敏感肌の対策としての保湿について説明します。
紫外線対策
敏感肌の対策としての紫外線対策について説明します。
汗対策
敏感肌の対策としての汗対策について説明します。