汗対策

敏感肌は、汗をかくとかゆみ・かぶれなどの不快な症状が出やすく、汗をかきやすい暑い時期には、皮膚表面に付着した汗が皮脂や汚れと混ざり合い酸化するので、更なる肌荒れ・ニキビを誘発してしまう結果になってしまい対策が必要となります。

 

汗と併せて過剰に分泌された皮脂に対しての対策として洗い流すことが爽快感も伴い、最も有効ですが、たびたび洗っていると必要な保湿成分まで洗い流してしまうことになってしまいます。

 

では、保湿成分をいかに減少させずどんな有効的な対策があるのでしょうか。まず、水でしっかり濡らして固く絞った小さめのタオルかハンカチを用意していただきます。それで、汗を拭いてもらえば良いのですが、必ずやさしくトントンと押さえるように拭いてください。ここで擦ってしまうと肌荒れを起こしやすくしてしまいます。

 

洗顔にも夏向きの洗顔方法があります。常に汗をかくので毛穴は開いたままになり、毛穴の中にはメイク・汚れ・汗など色々な物が溜まってしまいます。まず、蒸しタオルを用意します。

 

十分に濡らしたタオルを軽く絞り耐熱皿などの容器かラップで包み20〜30秒くらい電子レンジで温めます。触った感じがあまり熱いと感じなくてもそのまま顔にのせたり体を拭くと思った以上に熱く火傷をする場合がありますから、温度には気をつけて取り扱ってください。

 

ゆっくりと蒸しタオルを顔にのせてください。理容店で髭を剃る前などに毛穴を開かせるため、同じように蒸しタオルを使います。この後、クレンジング・洗顔と続けば毛穴の奥にある汚れまでしっかり取ることができるでしょう。

 

化粧水・美容液の浸透も促進されしっかりと潤うでしょう。最後に毛穴の引き締めですが、小さな保冷剤を冷やしておいてタオルにくるんで肌を冷やします。毛穴を引き締め閉じさせることで浸透した美容成分を逃がさず外部からの汚れの進入を阻止できます。

汗対策関連ページ

洗顔
敏感肌の為の洗顔について説明します。
クレンジング
敏感肌の対策としてのクレンジングについて説明します。
保湿
敏感肌の対策としての保湿について説明します。
紫外線対策
敏感肌の対策としての紫外線対策について説明します。