メイク方法

敏感肌によく出てくるかゆみ・かぶれ・炎症が酷い場合はメイクをしない方が良いですが、全く何もつけない方が守ってくれる物も無くかえって症状を悪化させてしまうことが考えられます。 肌トラブルの原因となるのは、メイクをすることそのものが悪いのではなく、自分に合った商品を選び、販売員などに肌の負担にならない使用方法を聞いてみるのも良いでしょう。 敏感肌は、季節・体調・精神的なことなどに影響を受けてしまいやすいため、常に状態も不安定な場合が多く、最近まで何でも無かった商品が何もまえぶれも無く急に合わない商品に変わるということもあります。だから、常に自分自身で肌の管理をし、肌の状態をみながらメイクをしましょう。 ベースメイクは、乾燥肌では、メイクのノリがなかなか思うようにいきません。しっかりとした水分補給・乾燥には乳液やクリームの塗布をしっかりしましょう。ファンデーションの仕上がりを良くし、更にメイクの持ちも良くするには化粧下地が大切です。自分に合った使用感で保湿と紫外線防止の両方の効果があるものが良いでしょう。 ファンデーション選びでは、リキッド・クリームタイプを避け、パウダータイプを使うと良いでしょう。中でも、ミネラルファンデーションの粉末タイプの物が良いでしょう。 アイメイクは、皮膚の薄い部分に施すメイクなので、清潔なチップ・ブラシで優しく擦らないように気を配りましょう。 口紅やリップグロスは、唇自体が乾燥しやすく弱い皮膚なので落ちにくい物は、刺激が強いので擦り過ぎに注意が必要です。敏感肌向けの口紅もありますから使ってみると良いでしょう。

メイク方法関連ページ

化粧品の選び方
敏感肌向きの化粧品の選び方について掲載します。
ファンデーション
敏感肌向きのファンデーションの選び方について掲載します。