食生活の改善

敏感肌の改善を目指す上でしっかり実行していただきたいのが、食生活の改善です。食生活の改善は、肌だけでなく体全体の改善にもつながります。

 

なぜ、栄養バランスを取り上げたかというと、バランスの悪い食事を取り続けると栄養の偏り招き、血行への悪影響が現れ、血行が滞ることで血液が肌へ栄養を運ぶ重要な役割を十分に果たせなくなります。

 

すると、新陳代謝がうまくできずに肌のシワ・シミ・たるみ・くすみなどを引き起こしてしまう原因になってしまうのです。冷たい物の飲食も体内から体を不必要に冷やしてしまうので、新陳代謝への影響や血行不良になりやすく肌への影響も考慮して取り過ぎに注意したいところです。

 

新陳代謝自体の働きが弱まってしまうと、乾燥肌になりやすく肌トラブルの原因になります。新陳代謝の働きが不十分な状態が続けば、敏感肌になってしまうので予防・改善対策として栄養バランスを考慮して食事を取ることが大切になります。

 

肌が弱いと感じている方には、肌が不安定なため敏感肌・乾燥肌へシフトしやすく健康な肌を保つためにも緑黄色野菜・淡色野菜・蛋白質のバランス良い摂取をお勧めします。

 

緑黄色野菜は、ビタミンAが皮膚の粘膜を強くし、ビタミンCなどが抗酸化作用の強化・紫外線に対する抵抗力の補強が期待でき、肌に大切な栄養を大量に含んでいます。

 

淡色野菜も一緒に取りましょう。一日分の摂取量の目安は、緑黄色野菜100g・淡色野菜200gです。生野菜で摂取すると体を冷やしてしまうので、温野菜として摂ればカサも減り食べやすくなります。

 

蛋白質の摂取でアミノ酸を摂ることができますが、必要以上に摂り過ぎない工夫が必要になります。

食生活の改善関連ページ

生活習慣の改善
敏感肌対策としての生活習慣の改善について説明します。
ビタミンA
敏感肌対策としてのビタミンAについて説明します。
ビタミンB
敏感肌対策としてのビタミンBについて説明します。
亜鉛
敏感肌対策としての亜鉛について説明します。